医療情報

医療情報技師専攻

医療情報技師
医療系システムエンジニア
医療事務管理士



■医療システム
 インストラクター
■医療事務
■プログラマー など

学びのポイント

POINT1

医療情報の専門家、医療情報技師をめざす
「医学医療」「医療情報システム」「情報処理」の3分野を学び、医療機関のIT化を推進する医療情報技師をめざします。

POINT2

情報にも強い医療事務スタッフとしても活躍
電子カルテや電子お薬手帳、オンラインレセプト処理など、医療事務スタッフにも求められる高いITスキルを習得します。

POINT3

就職に有利、医療と情報の両方の資格を取得
情報処理技術者国家試験と医療情報技師能力検定の両方の資格が取得できるので、就職の際に大きなアピールポイントになります。

3年間の学びの流れ

1年次
医学・医療と情報の基礎を学ぶ
医療情報技師としての実務知識を学ぶ
医療情報システムの開発と運用を学ぶ

取得をめざす主な資格

  • 情報処理技術者試験(国家試験)
    • 情報処理安全確保支援士
      (旧:情報セキュリティスペシャリスト)
    • ネットワークスペシャリスト
    • データベーススペシャリスト
    • 応用情報技術者
    • 基本情報技術者
    • 情報セキュリティマネジメント
  • 医療情報技師能力検定
  • 医療情報基礎知識検定
  • 医療事務技能審査
  • オラクル認定Javaプログラマ
  • CompTIA認定資格(Network+)
  • CompTIA認定資格(IT Fundamentals)
  • 情報検定(J検)
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Word]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Excel]
    など
Student's Voice

医療と情報の技術で、
医療ITを支える人材になりたい

これからは、医療の信頼性をさらに高めるためにITの力は欠かせないと思い、この学科を選びました。
大学教授の授業を受けられるのも、KCSの大きな魅力だと思います。
photo