医療情報

医療情報分野在校生
㈱ソフトサービス:福岡に本社を持つソフトウェア開発企業。医療・介護システムの開発・販売、ネットワークシステムの構築、コンサルティングなどをおこなっている。

医療と情報が両方学べるって凄い!

高校3年生の時、最初は就職を考えていましたが、進路研究を進めていくなかで、医療事務に興味を持ちました。
そして、KCSのオープンキャンパスに参加した時に、医療事務のワンランク上の資格や知識が身につく”医療情報学科”を知りました。
「医療をITで支えるってカッコ良い!」と思い、医療情報をめざすようになりました。

医療情報の資格を持った先生のわかりやすい授業で、難関資格にも合格

【取得資格】
医療情報技師能力検定、応用情報技術者試験(国家試験)、基本情報技術者試験(国家試験)、医療情報基礎知識検定、医療事務技能審査 など


医療の勉強は初めて学ぶことばかりでしたが、北海道情報大学・医療情報学部の教授によるメディア授業や医療情報の資格を持った先生が教えてくれる授業は、実践的ですごくわかりやすいです。資格試験前の対策授業も充実していて、わからない所も何度も丁寧に教えてくれました。
2年生の夏に、医師や医療技師も多く受験する難関の「医療情報技師能力検定」試験に合格した時は、とてもうれしかったです。
その他にも、情報処理技術者国家試験や医療事務試験など、たくさんの資格を取得できました。


医療システムに携わる夢がかないました

医療や介護システムなどを開発するIT企業に内定を頂きました。KCSで学んだ医療と情報の知識や技術を活かして、医療のIT化に貢献したいと思っています。
私が学ぶ医療情報学科は、医療や情報に興味のある人、病院でも使われている電子カルテの知識を身につけたいと考えている人におすすめです。