ビジネス・医療事務

医療事務専攻

医療事務(メディカルクラーク)
調剤事務
医師事務作業補助(ドクターズクラーク)



■医療秘書
■病棟クラーク
■一般事務 など

学びのポイント

POINT1

パソコン・医療事務・情報基礎をじっくり学ぶ
パソコン操作や医療事務を基礎からじっくり学び、2年後に医療機関の即戦力として活躍できる実力を養成します。

POINT2

医療事務に必要な多くの資格取得をめざす
医療事務・薬局事務で求められる実務的な資格を取得します。検定試験前には特別対策授業や模擬試験を実施し、資格取得をサポートします。

POINT3

医師事務作業補助などのワンランク上のスキル習得
社会人基礎力のマナーや発表力を磨くとともに、電子カルテ操作などのワンランク上のスキルを身につけ、医療機関で幅広く活躍できます。

2年間の学びの流れ

1年次
医療事務の基礎とパソコンの基本操作
診療報酬請求業務と病院接遇マナーを学ぶ

取得をめざす主な資格

  • 情報処理技術者試験(国家試験)
    • ITパスポート
    • 基本情報技術者
    • 情報セキュリティマネジメント
  • 医療情報基礎知識検定
  • 医療事務技能審査
  • 医事オペレータ技能認定
  • 医師事務作業補助技能認定
  • ビジネス能力検定
  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Word]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Excel]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[PowerPoint]
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト[Access]
  • CompTIA認定資格(IT Fundamentals)
  • 情報検定(J検) など
Student's Voice

電子カルテも活用できる
医療事務スタッフをめざします

高校で情報を学び、これからは必須の技術だと思いKCSを選びました。医療事務のお仕事は、病院の経営に大きく関わっていることがわかりました。私の掛かる病院も電子カルテを使っているので、勉強にもすごく興味を持って取り組んでいます。
photo