KCS大分情報専門学校

MENU

大学併修科 学びの特長

特長1

「大学」「専門学校」を4年で卒業できるダブルスクール

特長1 特長1
特長2

独自のカリキュラムと単位認定制度で学習負担を軽減

類似科目を相互に単位認定、効率的な学びで実力を伸ばす。

単位認定制度とは

専門学校科目で取得した単位を大学の単位として認める制度です。HIU(北海道情報大学)とKCSは姉妹校で、お互いをよく理解できているからこそ、効果の高い学習が可能になっています。たとえば、「ネットワーク」に関する学習ひとつをとっても、理論を大学の授業で学び、専門学校で実践的な実習を経験することにより、学習の効果が2倍3倍にアップします。大学で理論、専門学校で技術を身につける、効率よいカリキュラムがKCSの自慢です。

特長2
特長3

大分にいながら最先端の大学講義を受講

メディア授業

双方向型遠隔教育システムを使ってKCSで受講

HIUの教授陣による講義を、学園独自の双方向型遠隔教育システムを利用してKCSで受講します。高速インターネット回線によるハイビジョン放映で、教授とリアルタイムに質疑応答できます。

講義風景(HIU)
教室風景(KCS)
スタジオ風景
スタジオ風景

インターネットメディア授業

学校でも自宅でも自由に学べる
「無限大キャンパス(eラーニング)

インターネットを利用したeラーニング授業で、自分が学びたい時間に学びたい場所で受講できます。単元ごとに確認問題の解答・解説が提示されるほか、Web掲示板による質問や意見交換もできます。

スクーリング

大学教授による授業を
大分で直接受講

スクーリングとは、HIUの教授による短期集中講義のことです。HIUの教授が大分教育センターに来て直接講義をおこないますので、北海道まで行かずに単位を取得することができます。

テキスト授業/クラス担任制

KCSの専任講師がフォロー

テキスト授業とは、大学テキストにしたがっておこなう授業のこと。KCSの専任講師が担任としてレポート作成などのフォローをおこないます。

教職課程

高校の「情報」「商業」「数学」の教員免許が取得できます

小中高校でプログラミング教育が始まっています。プログラミングで養成される論理的思考は、IT時代に必須の能力であり、IT教育の重要性はさらに高まります。大学併修科では、高等学校教諭一種免許状の「情報」「商業」「数学」の取得がめざせます。

学生メッセージ

高校の恩師に憧れて
高校の先生をめざしています

大学併修科(安心院高校出身)

大学併修科(安心院高校出身)

高校の恩師に憧れ、高校教諭をめざしています。これからは「情報」の技術が必須になることと、もともとIT技術に興味があったため、KCSの大学併修科で教職課程を履習しています。KCSの先生のように、ITの楽しさを伝え、生徒が主体的に新しい技術を学べる授業ができるように努力しています。