大学卒業

大学併修科 学びの特長

特長1「大学」「専門学校」
4年で卒業できるダブルスクール

入学から卒業までの流れ

特長1特長1

特長2独自のカリキュラムと単位認定制度により学習負担を軽減

特長2

HIUとKCSの類似科目を共有化したカリキュラムと
単位認定制度により、学習負担を軽減しています。

単位認定制度とは

専門学校科目で取得した単位を大学の単位として認める制度です。
HIU(北海道情報大学)とKCSは姉妹校で、お互いをよく理解できているからこそ、効果の高い学習が可能になっています。たとえば「ネットワーク」に関する学習ひとつをとっても、理論を大学の授業で学び、専門学校で実践的な実習を経験することにより、学習の効果が2倍3倍にアップします。
大学で理論、専門学校で技術、効率よいカリキュラムがKCSの自慢です。

特長3大分にいながら
最先端の大学講義を受講

メディア授業

PINE-NETを使ったメディア授業を、
全国の姉妹校と同時に受講

HIUの教授陣による講義を、学園独自の双方向型遠隔教育システム(PINE-NETⅡ)を利用してKCSで受講します。高速インターネット回線によるハイビジョン放映で、教授とリアルタイムに質疑応答できます。

講義風景(HIU)
教室風景(KCS)
スタジオ風景
スタジオコントロール室

インターネットメディア授業

学校でも自宅でも
自由に学べる
「無限大キャンパス
(eラーニング)」

インターネットを利用したeラーニング授業で、自分が学びたい時間に学びたい場所で受講できます。単元ごとに確認問題の解答・解説が提示されるほか、Web掲示板による質問や意見交換もできます。

スクーリング

大学教授による授業を
大分で直接受講

スクーリングとは、HIUの教授による短期集中講義のことです。HIUの教授が大分教育センターに来て直接講義をおこないますので、北海道まで行かずに単位を取得することができます。

テキスト授業/クラス担任制

KCSの専任講師が
フォロー

テキスト授業とは、大学テキストにしたがっておこなう授業のこと。KCSの専任講師が担任としてレポート作成等のフォローをおこないます。

教職課程

高校の「情報」「商業」「数学」の教員免許が取得できます

2020年から、小中学校でプログラミング教育が開始されました。プログラミングで養成される論理的思考は、IT時代に必須の能力であり、IT教育の重要性はさらに高まります。大学併修科では、高等学校教諭一種免許状の「情報」「商業」「数学」の取得もめざせます。

活躍する卒業生

「楽しく学ぶ」をモットーにITの魅力を教えています!

KCS福岡情報専門学校 講師 梶原先生(2017年卒業/中津南高校出身)
KCS福岡情報専門学校 講師 梶原先生(2017年卒業/中津南高校出身)

恩師へのあこがれと、人に教えることが好きだった事もあり、「情報」の教職免許が取得できる大学併修科に入学しました。情報化社会の今、IT技術はますます必要性が高まっています。私がKCSの先生方から学んだように、「新しい技術を楽しくわかりやすく伝えること」を常に心がけて教えています。卒業生の活躍を聞くと、先生になって良かったと思いますね。

海外短期留学制度

海外での交流を通して、IT社会に不可欠な国際感覚を身につけることができます

毎年夏に実施される海外短期留学制度。全国の教育センターから学生が集結し、約1か月の留学へ。提携校のポートランド州立大学(アメリカ)や南京大学(中国)、大連(中国)で、語学研修やホームステイなどをおこない、国際感覚を磨きます。

※新型コロナウイルス感染状況により、実施しない場合もあります。

※新型コロナウイルス感染状況により、実施しない場合もあります。