KCS大分情報専門学校

edc
大学同時卒業、IT・システム、ゲーム・CG、医療IT、ビジネス・医療事務
就職と資格のKCS大分情報専門学校

見出し

めざす職業

システムコンサルタント
AIエンジニア
■ネットワークエンジニア
■システムエンジニア
■プログラマー
■各種業界の総合職
■高校教諭[情報][商業][数学]
■公務員 など

4年間の学びの流れ

1年次

基礎

一般教養およびコンピューターの基礎からスタート

■大学科目として、教養科目および情報系、経営系の基礎科目を学習する。
■専門学校科目として、コンピューター、ネットワークシステムおよび情報セキュリティやAIの基礎知識を学習する。また、アルゴリズムやデータ構造についても学習する。

2年次

応用

情報分野の応用知識を学び、実践的な学習内容へ

■大学科目として、情報系、経営系の応用科目を学習する。
■専門学校科目として、オブジェクト指向プログラムやWebアプリケーションの開発およびデータベースやネットワークの構築技術も学習する。また、Pythonを使ったAI開発も学習する。

3年次

実践

情報の総合知識を身につけ、高度な資格取得にもチャレンジ

■大学科目として、情報系、経営系の発展科目を学習する。
■専門学校科目として、プロジェクトマネジメントの手法を学習する。また、AIを活用したシステムを構築し理解を深める。

4年次

発展

卒業論文や卒業研究を中心に4年間の総仕上げを

■卒業論文
■4年間の知識・技術・理論をもとに、総合システム開発演習をおこなう。

めざす資格

● 情報処理技術者試験(国家試験)
 ・情報処理安全確保支援士
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・データベーススペシャリスト
 ・応用情報技術者
 ・基本情報技術者
 ・情報セキュリティマネジメント
● オラクル認定Javaプログラマ
● オラクルマスター(データベース)
● CompTIA認定資格(Network+)
● CompTIA認定資格(IT Fundamentals)
● 日商簿記検定  ● 情報検定(J検)
● マイクロソフトオフィススペシャリスト[Word]
● マイクロソフトオフィススペシャリスト[Excel]
● 高等学校教諭一種免許状「情報」「商業」「数学」
など

ピックアップカリキュラム

オブジェクト指向開発

スマホアプリ、ゲーム開発などに使われるJava言語を利用した、インターネットシステムの開発をおこないます。
サンプル画像1

AIの活用と開発手法

AIの活用事例や、AI機能を活用したシステムの設計方法を実習を交えて学びます。
サンプル画像2

在校生メッセージ

IT社会に対応したカリキュラムで常に新しい技術が身につく
将来の自分のためになります

大学の卒業資格と実践的な技術の両方を得られることが大学併修科の一番の魅力です。ますます進化するIT社会に対応したカリキュラムなので、常に新しい技術が身につきます。最先端のITを学んで人々の生活を便利にしたいと思います。

I.Kさん(岩田高校出身)

photo