KCS大分情報専門学校

edc
大学同時卒業、IT・システム、ゲーム・CG、医療IT、ビジネス・医療事務
就職と資格のKCS大分情報専門学校

医療情報学科【3年課程】医療IT専攻

めざす職業

ゲームデザイナー
CGデザイナー
ゲームプログラマー




■医療システムインストラクター
■医療事務
■プログラマー など

学びのポイント

ポイント1

医療現場の安心を守る医療ITスペシャリスト

病院や医療機関の情報部門で活躍する「医療情報技師」や「医療系システムエンジニア」をめざします。

ポイント2

情報に強い医療事務スタッフとしても活躍

電子カルテや電子お薬手帳、オンラインレセプト処理など、医療事務の仕事に必要な医療ITの操作技術も学びます。

ポイント3

医療と情報の両方の資格を取得

情報処理技術者国家試験と医療情報技師能力検定の両方の資格が取得できるので、就職の際に大きなアピールポイントになります。

3年間の学びの流れ

1年次

基礎

医学・医療と情報の基礎を学ぶ

■医学・医療制度、臨床医学などの基礎を学習する。
■コンピューターに関する基礎知識とパソコン基本操作を学習する。
■アルゴリズムとデータ構造、データベース、情報セキュリティなどを学習する。
■システム開発工程の基礎知識を学習する。

2年次

応用

医療ITスタッフとしての実務知識を学ぶ

■病院情報システム、医療ネットワーク、電子カルテシステムなどの医療ITシステムを学習する。
■オブジェクト指向プログラム開発について学習する。
■Webアプリケーションの構築技術を実習をとおして学習する。
■情報セキュリティの考え方と技術を学習する。

3年次

実践

医療ITシステムの開発と運用を学ぶ

■病院ネットワークシステム、情報セキュリティの運用について学習する。
■医療ITシステムの構築について総合演習をおこなう。
■卒業研究

めざす資格

●医療情報技師能力検定
●医療情報基礎知識検定
●情報処理技術者試験(国家試験)
 ・情報処理安全確保支援士
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・データベーススペシャリスト
 ・応用情報技術者
 ・基本情報技術者
 ・情報セキュリティマネジメント
●医療事務技能審査
●オラクル認定Javaプログラマ
●CompTIA認定資格(Network+)
●CompTIA認定資格(IT Fundamentals)
●情報検定(J検)
●マイクロソフトオフィススペシャリスト[Word]
●マイクロソフトオフィススペシャリスト[Excel]
など

ピックアップカリキュラム

医学・医療

病院に勤務する際に必要となる医学の倫理と専門用語、医療に関する制度、法規、事務知識などを学びます。
サンプル画像1

電子カルテシステム

多くの病院で導入が進んでいる電子カルテについて、病院各部門での働きや、患者のセキュリティ管理などについて学びます。
サンプル画像2

在校生メッセージ

将来を見据えて医療とITを勉強
10年後の自分が楽しみです

医療業界もIT化が進んでいることを知り、医療とITが学べるKCSの医療IT専攻に進学しました。医学・医療や電子カルテ、医療システムなどたくさんのことを学び、知識が広がったと実感しています。将来は医療のIT化に貢献できる人材になりたいと思っています。

K.Mさん (別府翔青高校出身)

photo