TOPICS

大学併修科4年生の清水くんと松本くんが、『第7期 おおいたIT人材塾』を卒業しました

TOPICS
大学併修科4年生の清水くんと松本くんが、平成30年度の『第7期 おおいたIT人材塾』を卒業しました。
おおいたIT人材塾とは、大分県が実施する「これからの大分のIT業界を背負って立つ人材の育成支援」を目的とした事業です。県内のIT企業・ベンチャー企業の有能な技術者、フリーエンジニア、学生などが塾生となり、県内IT技術者の資質向上を図ります。1年間を通して、グループワークやIT研修、異業種を交えたアイデアソン・ハッカソンなどがおこなわれました。KCSから参加した2名は、この人材塾に参加してより実践的なITの考え方を修得してくれました。4月からは社会人として活躍する2名にとって大きな自信となったと思います。
【参加した感想】
清水くん:企業の方や他の学生と交流ができ、ビジネスの考え方や仕事の進め方を学ぶ貴重な体験ができました。
松本くん:アイデアや知識を実現していく考え方を学びました。今後に役立てていきたいと思います。